建築事業

オーダーメイドによる新築工事はもちろん、リノベーション事業による中古住宅の再生で、リフォームを越えた新たな価値を創造しています。
また、家賃を払い続ける感覚で自分の家が持てる「もらえる家」など、お客様のライフスタイルに合わせた多彩な事業も展開しています。

イメージ


リフォーム・リノベーション

イメージ

長年住み続けてきた家や店舗に不安や心配事はありませんか?
時代やライフスタイルに合わせたリノベーションで新しい価値を生み出します。

リノベーションとは?

リフォームというと、「床や壁が傷んできたので補修」や「足腰が弱くなってきたので段差にスロープや手すりを付ける」などを想像されるのではないでしょうか。しかし、これでは一時的な問題の先送りに過ぎません。
リノベーションは全面的に一新するので、新築に匹敵する様々な効果を生み出します。

リノベーションによる効果

リノベーションの効果は、ハード面(建物)にもソフト面(ライフスタイル)にも及びます。
ハード面では、構造材の痛んだ箇所や接合部の補強、床下の換気(シロアリ対策)まで見直すことができるほか、高気密・高断熱による省エネ効果も期待できます。
ソフト面では、未来のライフスタイルを見越した間取りや生活環境を反映でき、建て替えや新築よりも費用がかかりません。
また、賃貸物件における店舗のリノベーションでは、賃貸料のアップなど新たな利益を生み出すことも可能です。

実例紹介

イメージ

築40年の荒れ果てた家がモダンな洋風家屋にガラリと変身。

築40年のこの物件は、長い間、人が暮らしていなかったことから、水まわりが全く使えない状態で、和室主体の間取りも現代生活にそぐわないものでした。
でも、当社のリノベーションにより、驚くほどモダンな家に変身しました。

ページトップに戻る


新築

イメージ

自分にあった生活空間に住まうのは、意外に難しいもの。新築であれば、家にあわせるのではなく、家をあわせる。「選ぶ」のではなく「しつらえる」。そんな住まいづくりが可能です。

オーダーメイド住宅の魅力

住まう環境は様々です。その土地が持つ気候・風土・広さ、日照・風向きなどから、近隣住民との距離、家族の年齢や構成・友人関係といったところまで、世界で同じものは一つとしてありません。「住まい手にあわせた家」を創れる。それがオーダーメイド住宅の魅力です。

資産としての住宅

住宅の資産価値は、新築の時が一番高く、その後右肩下がりになっていきます。不動産は「所有」することから「運用」することで価値を与えることが可能です。土地・住宅を資産と考え、積極的に運用されるのはいかがでしょうか。親広産業では、不動産活用に明るいコンサルタントがアドバイスを行います。

実例紹介

イメージ

完全自由設計で、開放的な空間を実現した人が集う住まい。

Cさん宅は63坪。1階のリビング・ダイニングは柱のない広々空間。床、壁、天井に白を用い、色の効果で室内はより広く明るい印象に。中でもセラミックタイルの床材は、見た目の豪華さに加え、手入れが簡単なこともポイントです。高い機密性能により、冬もファンヒーターひとつで暖かさは十分。完全自由設計で希望通りの家に仕上がりました。

詳しく見る

ページトップに戻る


家賃でもらえる家

イメージ

家賃を払い続ける感覚で、自分の家が持てる。
住宅ローンの融資が難しい自営業の方や転勤の方に朗報です。

家賃でもらえる家とは

もらえる家は「一定期間の家賃支払いで家と土地が自分のものになる」システムです。
一般的に住宅を購入する際には「住宅ローン」の融資を受けますが、審査基準を満たした方でないと借り入れができません。実際、自営業などで借り入れがあると融資を受けられない場合があります。

もうひとつのメリット

「もらえる家」の特徴は、「月々の支払いが家賃である」ことです。
このため、「転勤の可能性があるので家の購入に躊躇している」「いずれは生まれ育った土地へ戻るかもしれない」といった方でも、住んでいる年月だけ支払いをすればよいので、もらっても、もらわなくても家賃が無駄になりません。

実例紹介

イメージ

家賃を払い続ける感覚で、いずれは自分の持ち家に!

「自分の家が持てるという感覚がなかった」というKさんは、レストランのオーナーシェフ。独立して構えた店に投資したため、マイホームは夢のまた夢。家族4人、6畳二間のアパート暮らしを送っていたが、『もらえる家』に出会い、新築の一戸建てに入居。一定期間払い続ければ持ち家になるシステムで、家族みんなが穏やかな気持ちで暮らせる場所を手に入れました。

詳しく見る

ページトップに戻る